こんにちは。愛知県豊川市で健康相談しています。
くすりのミヤノの明子です。

http://www.k-miyano.com/

春に異常亢進を起こしやすい「肝」の働きを正常に戻し、疲弊した肝臓の働きを補うのが「酸味」の食材です。のぼせて出ようとする気を上手に収斂して閉める作用があるのです。
漢方の世界では酸っぱい味は「肝臓」「胆嚢」を始め、目や筋肉や健の働きを補い、滋養する作用があります。

梅干し、酢、かぼす、レモン、ライム、すもも、サクランボ、りんご、あんず、ダイダイ、ロイヤルゼリーなどが代表される味となります。

「酸味」は肝臓を助けてくれます。

こんにちは。
愛知県豊川市で漢方相談しています。
くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

春は生き物たちの命が生き生きと育まれる、生命力あふれる季節です。
漢方の世界では、土の中から芽が出て青葉となり草木がぐんぐん成長するように春は人間も同じように活発になり、それを発散していくのが春の養生法になります。

しかし、自然の木の流れに逆らい室内に閉じこもり、発散しないでいると,陽気がどんどん上昇して体内に滞り、発散できず、そのために上半身に異常が現れやすくなります。

春先のめまいやのぼせ、気の高ぶりによっておこる不眠、高血圧、頭痛、脳血管障害など、またこの季節に特有の言動が異常な人が現れますが、こういった症状は春の陽気の上昇により起こる代表的な症状と言えます。

漢方において、春の季節に一番働く臓器は肝臓と考えます。

肝臓の働きが異常に高まると、上昇して上半身に滞ります。

春は体を良く動かし、上手に気を発散させるようにしましょう。
ウォーキングなど適度な運動を生活に取り入れるといいですね。



こんにちは。

愛知県豊川市で漢方相談しています。

くすりのミヤノの明子です。


昨日は、病院嫌いで何十年もお医者様にかかったことがない父を病院に連れて行きました。

血液検査に心電図にレントゲン検査に認知症の検査もしてもらいました。


結果は?


80歳なのに投薬の必要は一切なし!
血圧をはじめ悪いところはありませんでした。

お医者様もびっくりしていました。

80歳でこんなひと、いないそうです。
手前みそになりますが、やっぱり長年飲んでいる「くすりのミヤノ」の漢方薬の効き目だと思います。

↑このページのトップヘ