こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。くすりのミヤノの明子です。

今日は、「糖尿病患者さんと目の病気」というテーマでお話をしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

「糖尿病患者さんは、定期的にがん検診を」

糖尿病患者さんの約20パーセントは、糖尿病網膜症にかかっています。
糖尿病網膜症は自覚症状のないまま徐々に進行し、失明に至るリスクを伴う病気です。
糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくとも少なくとも年1回の眼科受診が望まれます。
毎年の受診月を決め、経過観察を心掛けましょう。

「セルフチェック」
(下のチェックに当てはまる人は、糖尿病網膜症・糖尿病黄斑浮腫が進行している可能性があります。すぐに眼科を受信しましょう。)

1.知人の顔に気つかず、挨拶せずに通り過ぎてしまった。
2.テレビが見づらくなった。
3.信号が見づらい。
4.新聞や本が読めなくなった。
5.まな板の上で食材を上手に切れない。
6.階段やエスカレーターで転んだことがある。
7.血糖値が高い。または以前高かった。
8.糖尿病歴が5年以上。
9.血圧が高い。


血糖値が高くて、しびれがある方。食事制限しているのにヘモグロビンエーワンシーが下がらない方。
体重を落としたい方。糖尿病の合併症が怖い方。くすりのミヤノまでご相談ください。

電話:05338-7-2010
宮野明子まで