愛知県豊川市で漢方相談をしています。くすりのミヤノの明子です。

先日、「おからこんにゃくマイスター」の資格の授与式に行ってきました。

おからこんにゃくを食べ始めてからは、10年くらい。
学び始めて10か月。

無事に「おからこんにゃくマイスター」の資格を取ることが出来ました。
これからは、薬膳料理だけでなく「おからこんにゃく」のお料理も皆さんに伝授していくことが出来ます。

おからこんにゃく料理は、もともとは菜食の方のためのお料理で、他の物の命を奪わない!
という考え・価値観の、とっても平和的な慈しみの料理です。

私は体に良いことが好きなので、「体によさそう?」ってことで習い始めたのですが、それだけだと創始者の方の考え方からずれていることに、資格をもらう前の講義で初めて気が付きました。

私自身は菜食主義ではなく、体にいいから時々献立に取り入れる程度におからこんにゃく料理を食べています。

まあ、とりあえずは、入り口はそれでもいいか?って思っています。

でも、青森からわざわざ資格の授与式のために愛知県に来てくれた「岡田哲子先生」のお話を聞いて、お肉やお魚を食べるのは徐々に減らしていこうと思いました。

イメージ 1
おからこんにゃくツナフレークを使ったおにぎり
おからこんにゃくスペアリブ風
イメージ 2
おからこんにゃくでバッテラ風お寿司
イメージ 3
おからこんにゃくハムカツ風サンドイッチ
おからこんにゃく串揚げ
イメージ 4
おからこんにゃくエビフライ
おからこんにゃくチキン照り焼き
イメージ 5
おからこんにゃく麺の冷やし中華
イメージ 6
先生がデザートもたくさん用意してくれました。
イメージ 7
イメージ 8
胡麻と豆乳のプリン(ぜりー?)に季節のフルーツもたっぷり

美味しそうでしょ?

リクエストがありましたら、お料理教室、開催しますよ!

お問い合わせは
くすりのミヤノ
宮野明子
電話:0533-87-2010まで