こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。

くすりのミヤノの明子です。

今日はアルツハイマー型認知症についてお話したいと思います。

よろしくお願いいたします。

近年、高齢者社会が進み認知症を不安視されている方が増えています。
特に、アルツハイマー型認知症の割合が増えています。この認知症は性格も凶暴になったりと少し質の悪い認知症です。

アルツハイマーは実は発祥の25年くらい前から脳細胞では少しづつ異変が起きているのです。

例えば70歳で発症したら45歳くらいから、75歳だとしたら50歳くらいから影響が出ています。ただこの25年間は自覚症状がないまま長い年月をかけて進行しています。

ということは・・・。もう進行している可能性があるのです。

NHKなどの番組で既にご存知の方もお見えでしょうが、仕組みとしては「アミロイドB」というたんぱく質が原因。
いわゆる脳の老廃物です。
これがたまりだすのが発祥の約25年前。これは脳の神経細胞に傷をつけるものです。

これは脳を使うことで生み出してしまう性質があり、運動したら乳酸がたまるのと同じ仕組みなのです。
そして、発祥の15年位前から「タウたんぱく質」というもう1種のたんぱく質がこの傷ついた脳細胞に侵入し脳細胞を死滅させるのです。

厄介なのは記憶をつかさどる部位である海馬をはじめに浸食し始めます。
この現象によって脳が委縮して、「記憶障害」「運動障害」性格変化」を起こします。

結果、この25年間の間に対策をとらないと将来自分の家族や自分の周囲の方に大変な苦労と迷惑をかけることになります。

40台になったら、アルツハイマー型認知症の予防を視野に入れたライフスタイルに変えていくことが大事です。

アミロイドβを抑制する方法はくすり以外では、質の良い睡眠をとること。

元々、人間の脳は質の良い快適睡眠をすることで、この老廃物を骨髄とともに髄液に排泄するという
いわば脳細胞にたまらない仕組みを人間の脳は持ち合わせています。

そして、40歳代以降の方は脳細胞を活性化させる「ナノパワークルクミン」が入ったサプリを効果的に摂取していきたいものです。