こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。

くすりのミヤノの明子です。http://www.k-miyano.com/


今日は脳下垂体から分泌されている「オキシトシン」というホルモンのお話をしたいと思います。

オキシトシンは9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンです。
良好な人間関係が築かれているときに分泌され、交感神経の緊張を和らげます。

オキシトシンが増えると、よく眠れるようになる。認知症の症状が改善する、高かった血圧が下がる、どうしようもなかった痛みが軽減する。不安を感じにくくなる、相手に好感を持つようになる。
といった反応が出やすくなります。

オキシトシンは、別名「しあわせホルモン」と言われています。

オキシトシンは、ハグやマッサージなどのスキンシップによって分泌が増えます。

そうしたことから、頭をなぜる、背中をさする、手足をさする、といったタッチケアの効果が注目されています。

簡単なマッサージなどのスキンケアでオキシトシンを増やして、感情を安定させると、イライラしたリ言い争ったりすることが少なくなるかもしれませんね。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、家にいる時間が多くなっています。

タッチケアでオキシトシンを増やすと、
家の中でイライラしたリ、感情を爆発させたり、言い争ったりすることが少なくなりそうです。