カテゴリ: 健康レシピ

こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。
くすりのミヤノの明子です。

こんにちは。

我が家で週に1度くらいは作る、梅干の酸味がさっぱりしていて美味しい
「梅干ご飯」のレシピを紹介します。

作り方:お米1合につき梅干1個をいれてご飯を炊きます。炊き上がったら梅干を崩しながらご飯に混ぜます。

出来上がり

梅は、殺菌・整腸作用が素晴らしく、伝染病や食あたりにも効果抜群です。
その梅を塩漬けにして天日に干してある梅干は整腸効果が高く、腸内に溜まった老廃物を減らし、異常発酵を防ぎます。
全身の機能を丈夫にします。
遺産の分泌を正常にするので胃酸過多や低酸症のどちらにも良い。


こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。
くすりのミヤノの明子です。

カレーのルーを使わずに作る、低カロリーでヘルシーな
「蓮根つくねカレー」を紹介します。

イメージ 1

<材料>
じゃがいも:5個
玉ねぎ:3個
人参:1本
鶏肉:200グラム
蓮根:1本
カレー粉:大さじ2~3杯
粉末酵素:大さじ3杯(小麦粉でもや片栗粉でも可)
酵素・醤油・酒を各40ml
水を1~2カップ

<作り方>
鶏肉は前日に皮を取り除き、粉末酵素をまぶしておく
じゃがいもはサイコロの形に切る
人参と玉ねぎは細切りにする
フードプロセッサーに荒く刻んだ蓮根・鶏肉・粉末酵素大さじ1を入れて撹拌する
レンコンと鶏肉のミンチを丸めて団子を作る
フライパンで団子の両面を焼き、ほかの材料を加える
カレー粉も加えて炒める
水と調味料を入れて煮込む(15分くらい)
仕上げに粉末酵素大さじ2を加えてとろみをつけたら出来上がりです。

薄味で素材の旨みを感じることができるレシピです

こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。
くすりのミヤノの明子です。

今日は私が大好きで最近よく作って食べている
「昆布の一夜漬け」のレシピを紹介します。

イメージ 1

<材料>
早煮昆布:2~3枚
納豆昆布(根昆布スライス:)1袋
切干大根:1袋
人参:1本
酵素:大さじ3
醤油:大さじ3
酒:大さじ3

<作り方>
野菜昆布は水で戻して細切りにする
(納豆昆布はそのまま混ぜることができます)
切干大根は水で15分くらい戻して軽く絞る
人参は5センチの長さの細切りにする
材料を全部混ぜ合わせてジッパー付きの袋に入れて一晩置きます

出来上がり

冷蔵庫で保存して1週間日持ちします
副菜として、常備しておくと便利

酵素は、お砂糖などで代用してもOKです




こんにちは。くすりのミヤノの明子です。

今日は、大高酵素の料理講習会で先生に教えてもらった
「野菜のケーク・サレ」のレシピを紹介したいと思います。

よろしくお願いします。

材料:小麦粉1カップ、ふげん1カップ、バーキングパウダー小さじ1、卵2個、豆乳100cc、オリーブオイル大さじ1、ふげん塩(ふげんと塩を3:1で混ぜ合わせたもの)小さじ1、粉チーズ大さじ5、ブロッコリー1株、人参50グラム、プチトマト5個、サツマイモ100グラム、かぼちゃ100グラム

*ふけん(粉末酵素)は小麦粉で代用してもよいです。
*ふげん塩は、お塩だけでもよいです。(四分の1の量の塩)

作り方
人参を卸し金で荒くおろし、ふげん塩小さじ1と混ぜておきます。
さらに、卵・豆乳・粉チーズ・オリーブ油を混ぜておき、ベーキングパウダーと小麦粉とふげんをさっくり混ぜ合わせる。フライパンに生地を流し込み、ブロッコリー・プチトマト・1センチ角に切ったサツマイモとカボチャを入れて中火で15分焼き、ひっくり返して10分焼きます。

出来上がり

イメージ 1

これは、ひっくり返す前のケーク・サレ

オーブンなら180度で60分焼きます

甘くないケーキ♪
日持ちもします

こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。http://nttbj.itp.ne.jp/0533872010/index.html
明子です。

10月11日に大高酵素のお料理研修会を開催しました。

先生に教えてもらったレシピを少しずつ紹介していきたいと思います。

<簡単マリネ>
材料:トマト大1個・玉ねぎ大1個・パプリカ大1個・大高酵素60ミリ・酢60ミリ・塩小さじ1
<作り方>
玉ねぎ、パプリカを薄くスライスしてバット(または平皿)に並べ、薄切りしたトマトを上から重ねて甘酢(酵素60ミリ・酢60ミリ・塩小さじ1)をかけます。冷蔵庫で30分冷やしたら出来上がり。

イメージ 1

冷蔵庫で1週間もちます。作り置きして常備菜に。


さて、最後に宣伝をさせてください

酵素ダイエット・酵素断食・糖尿病・花粉症・アレルギー体質の改善・蓄膿症
うつ病・認知症・五月病・イライラ・不眠など

ご相談ください。

くすりのミヤノ:0533-87-2010
宮野明子まで

↑このページのトップヘ