カテゴリ: 健康情報

こんにちは。愛知県豊川市で健康相談をしています。

くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

今日は、あなたの健康のカギを握っている、腸内フローラ、腸内細菌のお話をしたいと思います。

腸内では、砂糖を多く摂れば砂糖が好きな腸内細菌が(悪玉菌です)増えていき、
脂肪を多く摂れば脂肪が好きな腸内細菌が(悪玉菌です)増えていく。

そして、最近の研究では、なんと!
砂糖をエサにして増える腸内悪玉菌は、砂糖を食べたくなるようなシグナルを
脂肪をエサにしている腸内悪玉菌は、脂肪を食べたくなるようなシグナルを出して
人間の食欲をコントロールしているようである!
ということが解ってきています。

甘いものが大好き!
甘いものがやめられない!
アイスクリーム、生クリーム、脂がこってりのラーメン!
チーズたっぷりの洋食!

自分の食事の好みだと思っていたら、腸内細菌によって操られていたなんて~!
悪玉菌が人間の脳に働きかけて、自分に(悪玉菌に)有利な食事をとらせている可能性が指摘されています。

では、こうした状況を改善するにはどうしたらいいのでしょう?

「善玉菌を増やして善玉菌優位の腸内環境にしていくこと!」
そうすれば、悪玉菌が減っていき食事の好みが自然に変わっていきます。

「くすりのミヤノ」では長年「酵素断食」の指導をしていますが、
「酵素断食」をして、食事の好みが変わった!というお客様からの体験をたくさん聞いています。

どうしてなんだろう?と長年不思議の思っていたことが
最近は化学的に解明されつつあるようでうれしいです。

腸内環境の改善には、
「酵素」のような善玉菌がたくさん入った健康食品を摂取するのも一つの方法ですし、

その他の発酵食品(味噌・納豆・ぬか漬け・キムチ・)や食物繊維が多い食品を摂るのもいいです。

また、善玉菌は食物繊維が大好きです。

お野菜をたっぷり食べてくださいね。

そうすれば、

「最近甘いものをそんなに食べたいと思わなくなったな~。」なんて言う風に
いつの間にか食事の好みが変わってくるかも?

こんにちは。愛知県豊川市で漢方相談をしています。
くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

今年の猛暑は苦しかったですね。
暑さと戦って、心も体もぐったりですね。

この時期の体のお悩みにはぜひ漢方を試してみて下さい。

*だる~い、やる気が起きない、食欲がない
補中益気湯:夏バテにはこれ!気(エネルギー)の不足を補います。
半夏厚朴湯:喉がつかえる、詰まった感じ、げっぷ、お腹のハリ、咳、声のカスレ
牛黄:究極のだるさに
人参湯:胃腸が冷える、冷え性の人に

*胃腸の具合が悪い、下痢、胃がぽちゃぽちゃする
六君子湯:胃下垂、消化不良、元気が出ない

*イライラ、ほてり、痛み
桂枝茯苓:肩こり、首筋や背中のハリ、腰痛、頭痛、頭重、シミ、くすみ、生理痛

などなど・・・。

漢方薬は体質、症状により使います。
お薬を選ぶときは詳しくお体の状態をお聞きしてお選びしています。
お悩みの方は、ご相談くださいね。

こんにちは。

愛知県豊川市で漢方相談をしています。くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

夏が終わり、徐々に秋へと季節が移り変わっていくと、気温が下がり、
その分カラダはより多くの体温を作り出さなくてはならなくなっていきます。

沢山の熱を生み出し、
体の体温を作っているのは筋肉だけでなく、内臓、特に肝臓や胃腸です。

今のうちから、肝臓に必要な栄養をきちんと摂って、これからの季節を迎えたいものです。

肝臓の大好物はたんぱく質(アミノ酸)です。
肉・魚・卵・乳製品・大豆類などのたんぱく質を摂取するだけでなく、
消化酵素によってアミノ酸に分解されやすくなるように、よく噛んで食べることも大切です。

*肝臓に良い食材*

・肉・魚・卵・大豆製品
・うなぎ・レバー・緑黄色野菜・果物・しじみ・魚介類・ナッツ
・イモ類根菜類・海藻類

冷え性でお悩みの方は、寒くなる前の今のうちから肝臓に良い食品をしっかり食べて改善に心掛けましょう!

こんにちは。

愛知県豊川市で漢方相談をしています。くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

暑くて寝苦しい夜が続いていますね。
今日は睡眠についてお話をしたいと思います。
よろしくお願いします。

寝付きが悪い、眠れない、熟眠できない、眠った気がしない、夜中に1度目が覚めるとその後眠れない、
朝早くから目が覚める、、、。


眠りの悩みを抱えている人は沢山います。

日々の睡眠が足りないことによって、体にマイナスの要因が積み重なっていきます。
睡眠不足は注意力や集中力に影響が及ぶだけでなく、
肥満、糖尿病、高血圧、アルツハイマー型認知症などのリスクを増大させます。

眠れない原因には不安、悩み、興奮、生活習慣など、色々ありますが、
体全体を考えると健康力の低下が深くかかわっています。
身体が冷えたり、血圧が高くなると眠りが浅くなります。
うつ病のほとんどの人が不眠にもなります。
交感神経が緊張していると睡眠の質は確実に低下します。

<気持ちよく眠るためには>
アミノ酸(トリプトファン)を摂取する。
眠るときに必要なメラトニンという成分はアミノ酸が原料です。
暑いからとそうめんだけで食事を済ませたりすると、眠りに必要なアミノ酸の摂取が出来ません。
お肉屋お魚などたんぱく質をしっかり食べましょう。

また、交感神経が緊張をとって副交感神経の働きを優位にすること
つまり、リラックスすることです。

それから、血流が悪い人、於血と呼ばれるような慢性炎症を伴ったドロドロの血液や動脈硬化では緊張が取れにくく、また血流もスムーズになかれてくれません。
肝臓を元気にするとともに抗酸化機能を高めることが重要になります。

散歩、入浴、瞑想、マッサージ、香り、音楽、などの多くの癒しが安眠を与えてくれます。

なかなか改善しない人は漢方薬の助けを借りることもおすすめです。
お悩みの方はご相談くださいね。

くすりのミヤノ:電話:0533-87-2010
担当:宮野明子まで

こんにちは。
愛知県豊川市で漢方相談しています。

くすりのミヤノの明子です。
http://www.k-miyano.com/

もうすぐ梅雨が明けますね。
夏になると、ヘルペスの相談が増えてきます。

夏の疲れ、エアコンの気温差ストレス、、、などが原因で
あれ?おかしいな?と違和感を感じていたら、一気に口などの粘膜に水泡が広がり悪化する。

ヘルペスウィルスは何処にでもいるウィルスの1つですが、ストレス・疲労がピークになって
免疫力が低下すると、ウィルスの猛威に体が勝てなくなり、
最初は痒い、だるい、微熱っぽい、皮膚に違和感を感じる・・・から
やがて水泡が発症し、広がります。

繰り返し発症する方が多いです。

そのまま放置する・・・という方も多いですが、ヘルペスの発症箇所によっては受診も大切。
処方薬としては、抗ウイルス剤が処方されます。

ただヘルペスは、ストレス・疲労からの免疫力低下で発症するので、
悪化させない・繰り返し発症させないためには、
ウィルスと戦い素早くウィルスを排除できる身体づくりを同時にしておくことが、予防・改善には非常に大切です。

お悩みの方は、くすりのミヤノまで。
ご相談お待ちしています。
電話:0533-87-2010
担当:宮野明子

↑このページのトップヘ